電話番号

ブログ

2015年11月の過去ログ

アドベント

2015年11月16日

幼稚園では今日から、アドベント(待降節)に入りました。アドベントとは、イエス・キリストがお生まれになる日(幼稚園ではクリスマス礼拝の日)を心の準備をしながら待つ大切な時です。
子ども達は、今日、アドベントクランツのろうそく1本に火をともし、アドベントの話とクリスマスの話を聞き、自分たちで作った献金袋に好きなクリスマスカードを貼り、クリスマスツリーのオーナメントを飾り付け、クリスマスの讃美歌を練習しました。
クリスマス礼拝までの1か月は、ご家庭でお手伝いをしていただいたお金を献金袋にため、それをお友達の分とまとめて、世界中のお友達とクリスマスの喜びを分かち合うために使います。今年もいろいろなお手伝いを経験して、心身ともに成長してほしいと願います。
子ども達は、クリスマスツリーの好きなオーナメントをにこにこ笑顔で飾り付けました。
DSCF8358 DSCF8359 DSCF8361 DSCF8366

さつま汁パーティー

2015年11月12日

11月5日、園児全員で、芋ほり遠足のさつま芋を使って「🍠さつま汁パーティ」を行いました。「🍠さつま汁パーティ」は毎年この時期に、食育のひとつとして行う行事です。収穫を下さった神様に感謝し、与えられた収穫を友達と調理し分かち合うことを喜ぶことを目的にしています。
前日には、園児全員で、さつま汁に使う豚肉やカボチャ、ネギ、ニンジン、ゴボウ、大根、こんにゃく、みそを買うために近くのお店に買い物に行きました。注文も自分たちで行いました。
当日は、お家から持ってきたエプロンと三角巾、マスクを着用しました。縦割りのペアーの年下のお友達がエプロンを着用する際、ひもを結んだり、三角巾をかぶせてあげたりなどのお手伝いをするお友達もいました。
満3歳児と年少組は、コンニャクとネギを小さくちぎり、大根は皮をむいて包丁で切りました。年長組と年中組は、さつま芋とゴボウの皮をむき、人参やカボチャと一緒に包丁で小さく切りました。年長組は、一人でも上手にピーラーで皮をむき、包丁で切ることができました。年中組も、途中からは一人でできるようになりました。
材料が準備できた後、実際に透明なお鍋を使って保育者が作る様子を見ました。
そして、昼食時に皆でおいしくいただきました。鍋いっぱいのさつま汁は、皆が何度もおかわりしたので、すぐに空っぽになりました。日頃は、野菜が苦手な子どももおかわりをして、大満足の様子でした。お友達と一緒に作った「さつま汁」は最高においしかったのでしょうね😀。
年中組と年長組は使った器もきれいに洗いました。
子ども達は、前日と当日には、保育者のパネルシアター「黄・赤・緑で元気な体」を見て、各食べ物の役割を知り、いろいろな食べ物を食べることの大切さと必要性😉も学びました。
DSCF8328

DSCF8331

DSCF8332

gotop