電話番号

ブログ

過去ログ

おもちつき

2014年1月19日

1月16日晴れ、皆でおもちつきをしましたexclamation×2日本の伝統を伝えるという目的で、毎年行っています。
前日には、皆でもち米を洗って、水に浸けました。本物の子ども用杵で、お餅に見立てた綿をついて、準備完了手(チョキ)
当日は、石臼に蒸したてのもち米を入れ、まずはお手伝いの保護者の方々と園長先生がこねたり、杵でついたりしたのち、子ども達も一人一人子ども用の杵で餅つきを行いましたexclamation保育者に手伝ってもらわなくても、皆上手にあせあせ(飛び散る汗)頑張ってついていました。つきあがった餅は、お手伝いの保護者の方々にちぎっていただき、丸めました。そしてつきたてのお餅を、すぐにいただきました。とてもおいしそうで、みんなにこにこ笑顔わーい(嬉しい顔)になりました。
お手伝いして下さった保護者の方々、お疲れ様でした。ありがとうございました。(杵でお餅をたくさんついていただいたあせあせ(飛び散る汗)ために、手が震えてお箸が持てなかったということは、なかったですか?)

おはなしの広場

2014年1月18日

今日は、幼稚園の子育て支援の一つとして、「イベントおはなしの広場」を開催しました。お子さんとお話本のせかいを楽しむことにより、黒ハート心が豊かになり、子育てがより楽しく充実したものになるようにわーい(嬉しい顔)という願いを込めて、毎年行っています。今年は、保育者が人形劇「ももたろう」や素話「大工と鬼六」エプロンシアター「3びきのやぎのがらがらどん」、大型絵本本「からすのぱんやさん」、パネルシアターなどを参加者の前で行いました。「つくってあそぼう」のコーナーでは、手袋を使って子どもやウサギを作ったり、一枚の紙を折ることでいろいろな場面を作ることができる「折り紙シアター」を作ったりしました。また午後からは、辻洋一先生による講演会も行いました。辻先生は講演会の後、紙トンボの作り方を教えてくださり、子ども達はわーい(嬉しい顔)大喜びで、お家の方とつくった紙トンボをとばして遊びました。ご参加下さった方々と辻先生に感謝申し上げます。ありがとうございましたハートたち(複数ハート)
DSCF5745.JPG
DSCF5746.JPG
DSCF5747.JPG
DSCF5748.JPG
DSCF5751.JPG
DSCF5752.JPG

クリスマス礼拝

2013年12月14日

 毎週月曜日の宗教教育の時に、アドベントクランツの赤いろうそくに1本ずつ明かりぴかぴか(新しい)をつけ、4本目のろうそくに火が灯りぴかぴか(新しい)、幼稚園のクリスマスクリスマスがやってきました。そして、今日はクリスマス礼拝クリスマスを行いました。
 キャンドルサービスでは、心を静かにしてろうそくの明かりぴかぴか(新しい)の中で礼拝をしました。るんるん合唱は満3歳そらぐみ、年少つき組、年中ほし組で「ハレルハレル」を歌いわーい(嬉しい顔)ました。いつもは、年長組を頼っているほし組が、「自分たちが頑張らなければ!」と張り切って歌いました。合奏は、子ども達が大好きな「トントントンひげじいさん」を、鍵盤ハーモニカ、カスタネット、鈴、トライアングル、タンブリンで演奏しました。生誕劇(ページェント)「おめでとうイエスさま」は、全園児でいろいろな役になって演じました。イエスさまがお生まれになったことの喜びを、子どもたちなりに感じながら、神様から頂いた大切な心黒ハートと体で、精一杯表現しました。きっと神様もイエスさまの、子どもたちの姿をご覧になられて、お喜びになられたことでしょう。保護者のるんるんコーラスは、とてもきれいなハーモニーで、子どもたちも「きれいだった!」とニコニコわーい(嬉しい顔)!!最後に、保護者の会から、みんなで遊んでくださいと子どもたちの成長に合わせた素敵なおもちゃプレゼントをたくさんいただきました。打ち合わせどうり子どもたちは「え~!」と驚き、会場は大爆笑!!たくさんのお客様に見ていただき、子どもたちもとっても嬉しそうわーい(嬉しい顔)でした。いつも子ども達の成長を見守り、その姿を認めてくださる保護者の皆様に感謝ハートたち(複数ハート)いたします。ご家庭でも楽しいクリスマスクリスマスをお迎えください。

大きな砂山つくったよ

2013年11月26日

今日の午後曇り、園庭で子ども達と、大きな砂山を造りましたexclamation×2
砂山つくりを始めた時に参加していた子どもの中いた、「3歳児のT君と同じ大きさにしようひらめき」ということになり、1時間くらいかけてみんなで力を合わせて約90㎝くらいの砂山を造り上げましたあせあせ(飛び散る汗)。途中で入れ代わり立ち代わりいろいろな子どもたちが興味をもって参加し、大きなスコップを持って来て、「これ使っていいよ」と言ってくれたりハートたち(複数ハート)、砂の団子をのせたり、水をかけたり、お友達が壊さないようにひもで囲ったり、いろいろな出来事がありました。やっと出来上がると、とても喜びましたわーい(嬉しい顔)
DSCF5675.JPG

アドベント

2013年11月24日

教会が建てた東福岡幼稚園では、、保育の中で、イエスさまのお生まれになったクリスマスクリスマスをお祝いすることを、一番大切にしていますexclamation×2
11月18日、園ではアドベントを迎えましたわーい(嬉しい顔)アドベントとは、救い主の到来を、心の準備をしながら待つ時期です。毎年、園では、幼稚園のクリスマス礼拝クリスマスの4週間前から、クリスマスクリスマスの準備を始めます。そのため教会歴のアドベントとは、日にちが違います。
子ども達は、アドベンツクランツに火を灯して礼拝をしたのち、イエスさまのお誕生の人形劇を見ました。お友達と一緒に、クリスマスツリークリスマスを飾ったり、クリスマスの讃美歌るんるんを歌ったり、天使の貼り絵をした献金袋に自分で選んだクリスマスカードを貼ったりしました。献金袋には、お家でお手伝いをしたり、嬉しいことがあった時に、お家の方からお金をいただき、それを入れるようにお願いしています。クリスマス礼拝の日にその献金袋をもってきて、お友達や先生の献金と一緒にして、施設などに送ります。子ども達が、クリスマスの喜びわーい(嬉しい顔)を他の方々と分かち合うハートたち(複数ハート)ためにしています。
DSCF5617.JPG

gotop