電話番号

ブログ

過去ログ

さつま汁パーティー

2017年11月8日

芋ほり遠足に行って採ったさつま芋🍠を使って全園児でさつま汁を作り、さつま汁パーティーを行いました!🎊

満3才児と年少組は、大根の皮をピーラーでむき、包丁で切りました。ネギと細長く切ったこんにゃくを手で小さくちぎりました。

年中組と年長組は、縦割りグループごとに分かれ、さつま芋とごぼうの皮をむき、人参やカボチャと一緒に、包丁で小さく切りました。

みんなで切った材料を全部大きな鍋に入れ、豚肉やみそと合わせて、さつま汁を作りました。

出来上がったさつま汁は、最高においしくて、みんな何回もおかわりをして食べました👦👧

前日に、食育パネルシアター「き・あか・みどりで元気なからだ」を見て、食べ物の性質やお菓子や好きな食べ物ばかり食べるとどうなるのか、テレビを見ながらダラダラ遊び食べをするとどうなるのか、食べ方やバランスについても知りました。子どもたちは真剣な眼差しで見たり、考えて発言したりしました🙋

エプロン・三角巾・マスクも縦割りペアのお兄さんお姉さんに手伝ってもらいながら頑張って着用しました👫

           作り方や包丁、ピーラーの使い方を聞いて…

                 調理開始😁✊

できあがり👏🏼

みんなでおいしくいただきました😋

小麦粉粘土・・・未就園児親子こひつじくらぶ

2017年11月2日

今日の未就園児親子クラスのこひつじくらぶでは、手作りのカラフルな小麦粉粘土で遊びました。みんな、小麦粉粘土の耳たぶのような柔らかい感触を楽しんでいました。小さくちぎったり、伸ばしたり、、、小麦粉と水と塩と食紅の食べても安全な小麦粉粘土です。おやつは、栗きんとんと赤ちゃんせんべいをいただきました。

こんなに伸びたよ色がきれいでお菓子みたいだね

園外保育(マリンワールド)

2017年11月1日

10月26日

大型バス🚎に乗って、「マリンワールド」に行きました⚓

アシカとイルカのショー🐬、大水槽のイワシのショー🐟、ウミガメ🐢、ラッコやペンギン🐧

いろいろな種類の魚や動物を見て、発見・感動・大興奮のとても楽しい一日を過ごしました😆

園に戻ってから、室内にピクニックシートを敷いて、なかよしのお友だちと楽しくお弁当を食べました🍙

芋ほり遠足

2017年10月27日

10月19日、バス🚌に乗って、雁ノ巣レクリエーションセンターに、芋ほり遠足に行きました。

前日に雨🌧が降ったので土がやわらかく、みんなで泥んこになって一生懸命芋ほり🍠🍠をしました。子どもたちは手や小さなスコップを使って、収穫の楽しさを体験することができました💪たくさんのお芋を掘ることができました👧👦未就園児親子さんも、参加し一緒に芋を掘りました。たくさんの恵みに感謝します!!

幼稚園生活についての感想をいただきました。

2017年10月16日

先日、幼稚園説明会を終えました。多くの方々のご参加を感謝いたします。

毎年、幼稚園説明会の時に保護者の方に幼稚園生活の感想をお願いしています。今年も保護者の方にご協力していただき、幼稚園の感想をいただきましたので、掲載させていただきます。

 

私が東福岡幼稚園へ入園を決めた理由、そして幼稚園生活の感想などをお伝えしたいと思います。

私の息子次男は、年少の9月に途中入園をし今年年長になりました。長男は小学4年生になりますので、幼稚園選びをしていたのは6年以上も前。大人数や騒がしい場所が苦手な長男には、落ち着いて過ごせる幼稚園に通わせたいと思っていました。少人数の幼稚園があるよと聞き、初めてこの幼稚園へ見学に来た時の事は今もよく覚えています。園庭の砂場の歩きにくさや、のんびりとしたあったかい園舎、優しい先生達。居心地が良くて「あ~落ち着く」と座り込んでしまうほど。私はこの幼稚園がたまらなく好きになりました。

しかし、幼稚園にはバスが無く家からは遠いし、車で送り迎えは負担になるのでは?と悩みを先生に相談したところ、毎日の送り迎えの時間はお母さんとお話しできる大切な時間なこと、バス登園の子達は長時間バスに乗り、帰りは疲れて頭をぐらぐらと揺らしながら眠ってしまう子もいるそうです。それならもう送り迎えをしよう!と決心しました。実際通ってみると、朝からは子供の体調の事、幼稚園での様子など連絡帳では上手く伝わらないことも、直接先生と話せ、楽しそうに笑顔で登園してくる子ども達や保護者とも挨拶をかわしたり。気持ちの良い朝を迎えられ、悩んだ送り迎えは毎日の楽しみとなりました。

私が幼稚園を選んだ一番の理由は少人数であった事です。先生は全員、園児一人ひとりのことを良く理解して下さいます。保護者は園児の顔や名前を覚えれる為、親しみがわき声をかけることで保護者との間にも良い関係を作れるのではないかなと思います。幼稚園での行事は遠足に運動会、クリスマス礼拝など沢山あるのですが。年長になると、消防署や警察署へみんなで地下鉄に乗って行く、これも少人数ならではです。

そして、違う年齢の子とも遊べる子になって欲しいと縦割り保育を望んでいました。この幼稚園では年長の子は小さい子のお世話をし、小さい子は年長さんに手伝ってもらい幼稚園生活が安心出来るものとなります。頼りない息子も年長になると小さい子のお世話を頑張り、「あの子はこれができるようになったよ!」と嬉しそうに報告してくれます。小さい子達は、年長の子を頼り、憧れを持つ。お互いに良い刺激を与えている事でしょう。他にも縦割り保育では2つのグループにわかれ行動しますが、グループの名前を子供たちが話し合って決めています。毎回子どもなりに季節に合った名前を考えているのですが、たまに「そうきたか!」と笑顔になれる名前が付けられています。

食育ではトマトやきゅうり、園庭にある小さな2つの木一本は沢山実をつけるすもも。そして毎年カラスに食べられてしまうリンゴ。年長になるとバケツで稲を育てお米を作り、収穫してお米パーティをします。育てて、収穫し、食べる喜びをみんなで感じていることでしょう。このように一年中楽しいことがいっぱいの幼稚園生活、園児達はみんなのびのびと遊び息子も充実した園生活を送っています。私自身も良い幼稚園に巡りあえたことにとても感謝しています。

この幼稚園の良さを全部は伝えきれませんでしたが。少しでも幼稚園選びの参考になればなと思います。

gotop